2017.02.16

今週の『カルテット』もむちゃむちゃ面白かった。
高橋一生が前話でトイレのスリッパを履いたこと以上に、満島ひかりがぐちゃぐちゃにした楽譜を床に叩きつけようとしたのを止めることで、更に成長を感じさせるシーンにグッときたり(前話ではバイオリンを床に叩きつける側だった)、放送日のバレンタインデーに重なる「アリガトーショコラ」というギャグもどこか優しい響きに感じたり、後半の松たか子満島ひかりと吉岡里穂の三つ巴のヒリヒリとしたシーンにおける吉岡里帆の欺瞞をどんどん丸裸にしようとする様が『ダークナイト』のジョーカーの様でもあり、今回も見所が非常に多い回だったのだけれども、なんと言っても宮藤官九郎が出演していたことに非常に驚いた。
以前も書いたけれど、僕が観るドラマの三大要素が坂元裕二宮藤官九郎の脚本、もしくは満島ひかり出演のどれかなのだけれども、ある意味全員揃ってしまったような感覚があり、とにかくこのドラマはツボを刺激してくる。
 
そして、先日のグラミー賞Beyonceのパフォーマンスは圧巻だった。
数年前のDaft Punkの祝祭感に満ちたあの瞬間、去年のKendrick Lamarの様なシリアスでメッセージ性も強く凄みに満ちたあの瞬間ともまた違った、神秘と母性に満ちた素晴らしいパフォーマンスだった。
母と娘、そして双子が宿っているBeyonceの並びはとてつもなく神々しい。
そして主要4部門はAdeleとBeyonceの二強と言われていたものの、 蓋を開けてみればBeyonceの受賞はならなかったけれど、YouTubeがある今、記録に残るAdeleに対して記憶に残るBeyonceだと考えれば、実に今のグラミー賞らしい結果なのかもしれない(去年の強烈なKendrick Lamarのパフォーマンスに対し、記録に残るのはTaylor Swiftだ。どちらも大好きだけど笑)。
とは言え、Chance The Rapperが最優秀新人賞を受賞したことはちょっとしたサプライズだった。
彼はこれまでアルバムをリリースしていないだけではなく(ミックステープ扱い)、CDやレコードで正式なフィジカルリリースも行なっていない。
彼の作品はSpotifyApple Musicらのストリーミングサービスでももちろん聴けるが、Googleで彼の名前を検索すればフリーでダウンロードすることもできる。
ビルボードチャートがストリーミング再生も考慮する様になったことも大きいが、彼のメジャー/インディー、ジャンル、政治的立ち位置等、どんなシーンにおいても架け橋になろうとする姿勢がここまで評価されたと考えると、非常に希望を感じてしまうのは僕だけだろうか。
 
例えば10年前のことを振り返るとRadioheadが『In Rainbows』をリリースした年だ。
この作品はその内容以上にリリース方法が話題になり、「It’s up to you」と書かれたサイトにアクセスすれば、投げ銭方式でアルバムをダウンロードすることが出来た(つまり0円と打ち込めばフリーでダウンロードすることもできた)。
しかし、決してそのリリース方法に肯定的な意見だけでもなかった。
当時、この方法は大物しか通用しないのではないかといったことや、PCを持っていない人を切り捨てる行為ではないかという批判めいた言葉もあった。
My SpaceがきっかけとなりArctic Monkeysが話題になり、YouTubeが登場し(この辺りは2006年)、初代のiPhoneがリリースされた直後のことだ。
そんなことを振り返ると、Chance The Rapperの受賞は大きなターニングポイントの様な気がする。
ここ数年グラミー賞の存在感、特にパフォーマンスにおいて見逃せないものが増えてきている中、賞レース自体は保守的な部分がクローズアップされることが少なくないが、とは言えオーバーグラウンドのポップミュージックが最も先鋭的な音楽になっていた2016年とグラミー賞との架け橋となるのもまたChance The Rapperなのかもしれない。