2017.02.26

24日公開日当日、IMAXで『ラ・ラ・ランド』を観た。
率直に、とても素晴らしかった。
今後ふと繰り返し観たくなるであろうシーンも沢山もあり、原色にこだわったポップでカラフルな色彩感覚と(音響の良さもそうですが、この点でも発色の良いIMAX上映は本当にオススメです)、映画でしか描けないものに対する愛情に満ち満ちた、愛おしい作品だった。
特に『(500)日のサマー』的に描かれる夏パートまでは本当に眩いまでの映像体験で、こんな世界にずっと浸っていたいと思わせてくれる(圧倒的に可愛いのに踊っている時にちょっと変顔になってしまうエマストーンや、理屈っぽいのに驚き方がやたらと大袈裟で可愛いライアンゴズリングだけでも最高なのです)。
 
冒頭、とにかく凄いと聞いていたハイウェイを封鎖して行われた壮大なダンスシーンから、どこまでもポジティブな肯定感と躍動感に満ち溢れ、圧倒的な多幸感を覚え思わず泣いてしまいそうになる。
ダンスと曲が盛り上がっていくと共に感情が高まっていき、その感情が極に達する瞬間、スクリーンいっぱいにタイトルが現れる。
その瞬間の気持ち良さはまるで『ガーディアンズオブギャラクシー』の同シーンのようで、この時点で既に涙腺は緩みきっている(まだ映画が始まって10分も経っていないのだ笑)。
またポスターのアートワークにも使われているロサンゼルスの夜景をバックに踊るシーン辺りからのライアンゴズリングとエマストーンの一つ一つの行動はとてもキュートでチャーミングで、実に愛おしくて堪らない。
それまでは距離感を測り損ねていた二人が一気に歩み寄るシーンが実に微笑ましく、その歩み寄りを歌とタップダンスでもって身体的に表現される様は実にミュージカル的だ。
 
とはいえ、夢と理想に浮かれているばかりでもなく、現実と向き合うことで人生のほろ苦さもきちんと刻まれているのがこの映画の魅力だ(アカデミー賞にノミネートされた楽曲がポップで明るい曲ではなく、シリアスな曲が選ばれているのもその証左だろう)。
舞台俳優をテーマにしている点ではエマストーンの出演作『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』や、大切にしてきた音楽を商業との折り合いを付けることを描いている点では『はじまりのうた』(二人の主人公の視点がある一点で交わっていく話運びもどことなく共通点を感じた)が思い浮かぶ展開も繰り広げられる。
そんなほろ苦さがきちんと描かれているからこそ、クライマックスにかけての凄まじい映像体験が待っている。
ただ、このクライマックス以前でストーリーとしては完結しているようにも思えるが(冒頭のハイウェイのシーンとエマストーンの最後のオーディションのシーンの歌詞が対になっており、その歌詞こそがこの映画のテーマだ)、そこを超えてフィクションならではのエモーショナルなクライマックスを用意するのがデイミアンチャゼルという監督なのだろう。
このクライマックスは直前にリリースされた小沢健二が19年振りにリリースした「流動体について」がそのまま映像化されたといっても過言ではない程のシンクロ具合に驚き、他にもデヴィッドリンチ監督作『マルホランドドライブ』や、苦く切ない感覚は古谷実の『シガテラ』も思いだした。
そして映画全体を通して観れば、甘くて苦く、そしてなにより美しいという実にRhymesterの『Better, Sweet & Beautiful』な映画ではないか。
公開前から、サウンドトラックも聴き込み(映画を観てからだとよりあのジャケットが好きになった)、賞レースでも異常な程盛り上がっていたのでどうなることかと思っていた節もあったのですが、心底感動した。
 
という具合にむちゃむちゃ 『ラ・ラ・ラン ド』が素晴らしかったのですが、この日は村上春樹の新刊『騎士団長殺し』が発売されたり、James Blakeのライブを観たり(オープニングアクトはD.A.N)、Futureのアルバムが2週連続でリリースされたり、小沢健二がTVに出演したりと一月分位のことが一気に押し寄せてくるような1日でもありました。
夢追い人に乾杯!