読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2017.03.23

先週末、韓国映画『お嬢さん』と『哭声 コクソン』を観た。
両方とも一度観た位では全てを受け止め切れなかった様な感覚があるのだけれど、とは言えこの二本がヒットしている韓国の凄みたるや。
韓国のエンターテイメントは自国のマーケットだけでは市場規模が小さいので、国家の産業として世界をターゲットにしていると言われるが、こんな歪な作品群もそこから出てくるというのが本当に凄い(ハリウッド映画をただ真似するのではなく、そこには無い魅力としての歪さをきっちり認識している所に心底関心してしまう)。
 
『お嬢さん』は、奇しくもロマンポルノリブートと同タイミングで観れることもあってか、その変態性の飛びっぷりと、余りにも潤沢な予算で作られたであろう一目でわかる映像の力に圧倒されてしまった(ロマンポルノリブート作品は白石和彌監督『牝猫たち』と園子温監督『アンチポルノ』しか観れていないが、こちらは決められた予算やフォーマット、作り方のルールがあるからこそ、作家性が浮き上がり、またロマンポルノの日本映画にとっての意義などにも意識させられる面もあり、こちらも非常に面白い)。
そして、三部構成で語られる『羅生門』的物語運びも非常にスリリングで、ラストの爽快感も含め非常に面白かったのだけれど、片言の日本語と字幕の切り替えのテンポに慣れない感覚もあったので、そういう意味でもう一度観直したい。
『哭声 コクソン』も映像の力が凄く、ストーリーもトーンも予想しない方へどんどん転がっていく様が非常に面白く、特に土着的な悪魔払いの儀式以降グッと引き込まれる様な感覚があったのだけれど、冒頭に聖書からの引用があることからも、キリスト教のことをもっと知ってから観るとまた全然違った様にみえてくるかなあとも思ってしまった(聖書からの引用のモチーフがほとんど分かっていないことから混乱してしまった部分も少なくなかったので)。
とはいえ、國村隼の演技は本当に凄まじかったし、鑑賞後に解説などに触れると混乱した部分も腑に落ち、やはりこちらももう一度観直したくなった。
繰り返す様だが、どちらも最初に述べた様にその凄さの一片を感じながらも一度では受け止めきれなかった感覚があるからこそ、非常に印象に残る映画だった。
そして、EGO-WRAPPIN'、STRUGGLE FOR PRIDEtofubeatscero、THEクルマが出演するCHOICEの4周年記念ライブを味園ユニバースで観た。
味園ユニバースでライブを観るのは3回目だけれど、やっぱりこの会場は非常に魅力的だ。
昭和レトロなビルの外観も素敵だが、キャバレーの内装をそのまま使用し、至る所に球体を模した照明やシャンデリアがあり、ステージのバックには煌めくばかりのネオンが施され、ライブ中の照明としても使用され、その雰囲気はなかなか他の会場では味わえない(この会場を舞台にした映画『味園ユニバース』は良い映画だったけれど、この会場の素晴らしさの全てを映しきれていない点は結構な不満点だった位の素晴らしさだ)。
個人的には関西のライブ会場の中では磔磔と並んで特に好きな会場だ。
 
今回のライブではcerotofubeatsSTRUGGLE FOR PRIDEが特に良かった。
ceroは観る度に良くなるというか『Obscure Ride』の曲は如実にライブによって骨格がしっかりとしていき、贅肉がどんどん削がれている様な感覚で、「街の報せ」での最新のグルーヴにもしっくりきていたので、次のアルバムが非常に楽しみだ。
tofubeatsはキラーチューンと新曲の連発で非常に楽しく、特に「Shoppingmall」の後にKOHHの曲を繋げて流していたのが格好良かった(「Shoppingmall」はtofubeatsなりのKOHHへの回答だと思っていたので、とても腑に落ちた感覚があると共に、どことなく去年の3周年記念ライブでの、tofubeatsceroの「Orphans」を流してその上に「水星」のバースを被せていたのを思い出す。そして去年の今頃も『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』で坂元裕二ドラマに夢中になっていたこともふと思い出した)。
そしてSTRUGGLE FOR PRIDEである。
cerotofubeatsからの流れは、フットボールアワー後藤が言う所の、高低差ありすぎて耳キーンなるわの現実版な訳なのだけれど、20分という短い時間ながらも、非常にタイトでノイジーな爆音でむちゃむちゃ格好良かった。
スピリチュアルなダンスやモッシュ、ダイバーも現れ、一瞬で空気感が変わったのもとても良かったし、その轟音とハードコアならではのストイックな姿勢に心底ヤられてしまった。
月曜日には『SING』の吹き替えを観た。
ユニバーサルのイルミネーションのアニメーションのカルチャーの取り入れ方は、ディスニー/ピクサーの欠点の無いところが欠点という様な隙の無さとは違い、軽薄さもありながらもちゃんとそのカルチャーならではのダイナミックさを再現しようとしているところが好きだ(特に60年代のロックンロールが大好きなので『ミニオンズ』は本当に楽しかった)。