読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2017.03.28

先週の話。
山下達郎星野源の民放ラジオ101局特別番組を聴いた。
2人のラジオに対するスタンスやルーツが垣間見え、山下達郎が音楽を紹介する際に膨大な情報と解説を付けるのは、ラジオの原体験でそういったスタイルの放送を聴いていたことだというのに対し、トークと音楽、駄話を全て一つの番組内でやりたかったという星野源にはラジオそのものの多様性が現れており、対称的な二人の選曲がそれを物語るようであった(山下達郎がロックンロールの原体験としてYoung Rascalsを紹介したのに対し、星野源は笑える曲としてオマリーの「六甲おろし」を選曲していた)。
特に星野源のラジオ観というのが、例えばTVゲームの『グランドセフトオート』をプレイしているとアメリカにおけるラジオ文化というのは非常に細分化されており、音楽ジャンル毎にチャンネルが分けられていたり、トーク専門の局があり、その文化の違いに驚かされるのだけれども、イエローミュージックをキーワードとして活動している星野源のスタンスが色濃く出た結果が全部乗せなラジオな訳で、それがとてもイエローな感じがして、山下達郎が一貫性があると言っていることも非常に納得してしまった。
火曜日には『カルテット』が遂に最終回を迎えた。
本当にパセリの様なドラマだった。
人によっては全く必要としないパセリは、また人によっては彩りを与えるものになり、また人によっては煙たいものにすらなることもある。
しかし、パセリによって彩りをもたらされた唐揚げの様に、不可逆なものに彩りを与えることが生きがいになることもあり、僕にとっての『カルテット』はまさに彩りを与えてくれたものだった。
だからこそ、「サンキュー、パセリ」な訳で、人生にはパセリを添えていった方がみぞみぞするのではと思う。
そして坂元裕二脚本のドラマとしてもトップクラスのドラマだと思った。
最高の離婚』以来の出色の出来だと思うと共に、ここ5年個人的にも『あまちゃん』以来と言ってもよい程のめり込んだドラマであり、個人的なドラマを観る三大要素の坂元裕二宮藤官九郎満島ひかりが揃ったということも、最早偶然ではないかと思えるくらいに、生まれるべくして生まれた傑作ドラマであった。
 
そして、ペトロールズのトリビュート盤『Where, Who, What Is Petrolz?』を購入。
バンド結成数年後にリリースされたライブ会場限定200枚のみの販売だった初音源『仮免』やAmazonのみで販売していたライブ盤『Music Found By HDR HC-3』、初の全国流通盤となったミニアルバム『Problems』等は瞬く間に廃盤となり現在ではプレミア価格になっていたり、デビュー10年目にリリースされた1stアルバム『Renaissance』も三角形の特殊ジャケットで販売店泣かせだったりで、一筋縄ではいかないペトロールズの音源事情なのだけれども、本家がメジャーデビューするよりも早くメジャーからトリビュート盤がリリースされ、更にそこに参加しているミュージシャンの旬さと豪華さを鑑みるに、更にその一筋縄ではいかない感が強調されたような気もする笑
とはいえ、その豪華なメンツと10年の間に作られた名曲と更に新曲まで収録されている訳で、ペトロールズというバンドの凄さが、特にシティポップやアシッドジャズが再解釈されている今だからこそ、よりビビッドに見えてくる。
更に楽しみなのは、Corneliusの「あなたがいるなら」の作詞が坂本慎太郎だと発表されたことだ。
この二人の接点はゆらゆら帝国が世に認識されるきっかけや、Remix誌での対談、salyu x salyuでの共作等があるが、どれも非常に印象に残るものであったので、今回も非常に楽しみだ。
奇しくも今年リリースされた小沢健二のシングルCDが7インチのジャケットだったことと、Corneliusの7インチのアナログ盤でリリースされる点がシンクロしているように思えると共に、その形態の違いこそが二人の違いの様にも思う。
そして、TVではトカゲの尻尾切りという言葉が飛び交っていたので、『ダウンタウンのごっつええ感じ』の傑作コント「トカゲのおっさん」を何本も観た。
やはり、むちゃむちゃ面白く、そしてむちゃむちゃ哀しくもある。