2017.04.13

先日、『ムーンライト』を観た。
今年の第89回アカデミー作品賞に選ばれたことで公開が1月程前倒しになり、公開規模も広がり、恐らくオスカーを取ることがなければ上映されることのなかった大スクリーンの中でこの映画を観れたことは非常に嬉しかった。
と言うのも、タイトルにある通り光を扱った映画でもあり、色調を徹底的に調整し、色彩を美しくすることに非常に拘った作品でもあるからこそ、この様な文学的で静かな映画だとしても大きなスクリーンに映える。
そして、Kendrick Lamarが『To Pimp A Butterfly』の冒頭にサンプリングした「Every N****r Is Star」が映画の始まりと共に流れたり、映画のストーリーがFrank Oceanの生い立ちと重なって見えること、そして音楽自体が物語の1つのピースとして出てくることからも、非常に音楽的な映画でもあるからこそ、大きな音が鳴らせる劇場ならではの体験になった。
物語は3幕構成になっており、幼少期、思春期、青年期とで主人公を演じる俳優が違っており、それぞれは決して似ているという訳ではないのだけれど、同じ瞳をしているという一点のみで同一人物だと説得力を持たせているという演出も凄みがあった。
とりわけ幼少期を演じたアレックスヒバートと今回アカデミー助演男優賞を受賞したマハーシャラアリとのやりとりは非常に美しく微笑ましいものであり、出演時間に対してのその存在感はまさに受賞に相応しいものだった(『007』ではあんなにエレガントなのに今作ではボロボロなナオミハリスも素晴らしかった)。
言葉数はそう多くないけれども、非常に美しい映像と語り口、そこに実在するかの様な人物描写、そして確かな筆力で描かれた生き様が非常に心に残る映画であった。
そして、Netflixの『13の理由』も観た。
例えば、伊集院光がラジオで「思春期にSNS的なものが無くて良かった」とよく言っているが、それが現実になっているのが今のティーンな訳で、そこに徹底的に欺瞞を入れずに描いているのがこのドラマだ。
いじめが原因で自殺した高校生の女の子が、遺書のようにして吹き込んだ7本のカセットテープを同じ学校の生徒に聴かせ、呪いのビデオの様に受け渡す事で様々な生徒を巻き込んでいく。
思春期ならではのグロテスクさや無邪気な残酷さがヒリヒリと描写されており、更にJoy DivisionThe Cureを筆頭とするポストパンクの曲が何曲も流れてくるのが、そこは非常にマッチしていてとてもクールな使い方だと思った(それにしてもNetflixのドラマは『スターウォーズ』やパンク、ニューウェイヴ的な音楽のネタが非常に多く出てくるので、70年代後半のカルチャーにとても愛情があるようで素敵だ)。
こちらもエンターテイメント作品という訳ではなく、例えば今年公開された映画『愚行録』の様にじっくり考える事もその鑑賞の内というか(その後味の引き方もどこか近い様に思える)、または去年『怒り』や『溺れるナイフ』を観て考えていた、酷い出来事に対して答えのない中で考え続けるという事の続きでもあったというか、明確な正しさが存在しない中で思考停止せず考えることを続けるきっかけを与えてくれるドラマだった(もちろん『ムーンライト』もそうだ)。
この2作品は多くの人が楽しめるような内容ではないとは思うのだけれど、示唆に富む作品だし、じっくり腰を据え観た後で自分の中で反芻し、様々な対話でもってこそ成立するような作品でもあり、少しでも多くの人にこの2作品が届けば良いなあと思います。